こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

9月7日

今日は何も予定がないので、一日家にいることに。 おばあちゃんからも「朝寝してええよ」と言われたが、見事に子供達に起こされた。

朝は、昨日購入したパンがあるので食べることに。 親父にも「何食べる?」と聞くと 「昨日かったパンを切って、少し焼いて持ってきて」と言われたのでそうした。 もともと朝ごはんはあまり食べないのだが、それでも半人前程度だろうか。下げたお皿にはパンが残っていた。

「朝飯食ったところで、申し訳ないけど、昼何が食いたい?」と聞くと 「昨日食いそびれたそばが食いたいからもって帰ってきて」と言われた。 その後、親父に呼ばれ 「レントゲンを一昨日言った病院に帰して欲しい、それと車の助手席に処方箋があるから薬を取ってきて」と言われたので、早速嫁と病院に向かった。 病院に行く途中に蕎麦屋があるので持ち帰れるか聞いてみると、基本的に1日前から予約でないと難しいと言われたが「父が病気で・・」というと一人前なら用意しますと言ってくれたので昼前に取りに行きますといい、病院に向かった。 病院でレントゲン写真を返却し、処方箋薬局を探したが見つからなかったので、家の近くの処方箋薬局に行くことに。 家の近所の薬局では「この薬はうちで扱っていないな~、町まで出たらあると思うよ」と言われたので、昨日行った日本赤十字病院近辺に行くことにした。

日本赤十字病院の近所の大きな薬局でも、1つだけ薬がなく、1時間後くらいには取り寄せられるとのことだったので、夕方また来ますと言い、とりあえずそばを取って家に戻ることに。

そばはうまいと言いつつ、「量多いな」と言いながら約半人前食べて、蕎麦湯を持って「ごちそうさん、寝ます」と言い部屋に入っていった。 「昼食べたところで悪いけど、晩御飯何食べたい?」と聞くと 「う~ん、おいしいたまごかけご飯」というのでたまごと味噌汁の材料を買いに行き、薬局で残りの薬をもらいに言った。

晩御飯は要望とおり1つ50円のヨード卵のたまごかけ、味噌汁、釜揚げしらす。 ご飯は半人前ほどついでたまごかけにした。 はじめて残さずに食べた。 相変わらずの早食いで、食べ終わったら「ごちそうさん、寝ます」と言い部屋に入っていった。