こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

9月11日、病院からの連絡(2)

昼、11時過ぎの家を出て高松に向かった。 いろいろなことが頭をめぐりながら運転していたため、どこをどう走ったか記憶があまりない。 さすがに少し怖くなり、淡路島内は運転を嫁に代わってもらった。 高松に近づいたころ、祖母から連絡が入った。 「匡史これるの?」 「ああ、向かってる。4時半くらいには病院に着くから。ばあちゃん、親父に俺が行くこと言った?」 「いやぁ、亘代がおとうさんとどういう話をしたかわからないから」 「わかった。とりあえず、親父は俺が行くこと知ってるとして、今日検査やから心配で来たという体でいこう。着いたらまず病室に行こうか。」 「ああ、そうしといて。」 待ち合わせ場所を決めて電話を切った。

4時半過ぎに病院に着き、親父の病室に行った。 親父は「どうしてん?」と聞いてきた。 「今日、検査やったやろ。ばあちゃんが不安そうやったから、昼から休みとって来てん。」と言った。