こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

写真の構図のお勉強 ー光の向きと構図その2ー

ブログを更新し終えると、我が家の専属モデル(?)のこしあんがたまたま順光と斜光を浴びまくっていたので再び更新。

順光での写真

IMGP4457

IMGP4462

上がプラス補正なし、下がプラス補正1/3。
順光でばっちり光を浴びているので補正はまったくいらない。
補正をするとむしろ不自然な明るさが出てしまう。

斜光での写真

IMGP4470

IMGP4475

プラス補正はしていません。
さすがに斜光になると光量が落ちるので順光の半分以下のシャッタースピードに。
まあ、それでもバシャバシャとれるスピードですが。

まとめ

順光の写真は限りなくつまらない。もちろん私の拙い撮影技術にもよるのですが。なんというか被写体に魅力をまったく感じない。
やっぱり順光での撮影は雄大な風景などが似合うのでしょうね。専属モデルでは今ひとつでした。
逆に斜光の写真はとても面白い。今回はただ撮るだけでしたが、ほかの構図のテクニックを組み合わせるともっと良い写真になりそう。まあ、果たして私の腕でそのレベルに達することができるかは別の話ですが。