こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

チキチー、チキンクリスプ比較 ーマクドナルドの野望ー

昼マックは売り上げ好調も、他のクーポンとの住み分けが難しく、クレームも多発。
おそらく、利益率を落としている分過剰な売り上げアップを期待したんだろうけど、そこまでは至らず。
という感じでしょうか。早々に撤退。

変わって出てきた「おてごろマック」。
はっきり言ってネーミング戦略を使ったかもしれないが、ネーミングが恥ずかしい。注文しにくい。

そして、そのおてごろマックに新規参入したのが「チキチー」。
ミート、ポーク、ハムとあるのでチキンという安直さ。いいね〜。

問題は現行の100円マックにあるチキンクリスプとの違い。
チキチー1つでチキンクリスプ2つ頼める価格設定。
チキンクリスプ1つ分の付加価値があるのか!

まずは写真から

真上から撮影したもの

IMGP4504

チキンクリスプはおそらくハンバーガーと同じもっとも安価なバンズ。
対してチキチーはゴマのあるビッグマックで使用しているようなバンズ。
大きさも若干チキチーのほうがでかい。

横から撮影したもの

IMGP4507

写真では分かりにくいが、ほんの少しだけチキチーが大きいかな。

衝撃!中身を撮影したもの

IMGP4508

一番のポイントとなる写真。
チキンはチキンクリスプと同じ。
ソースがチキンクリスプマスタードマヨネーズに対して、チキチーは普通の白いマヨネーズ。
チキチーなのでチーズの有無は違いになる。

まとめ

チキンクリスプチキンフィレオはそもそもチキン自体が違い完全に別物という住み分けができていたが、チキチーはチキンが同じ。
100円の差といえば

  1. バンズが少し大きい
  2. チーズが入っている
だけ。

おてごろと銘を打ちながら内情としてはチキンクリスプにちょっとの付加価値をつけて少しでも利益をあげようという商品に感じてしまうのは私だけ?
エグチとハンバーガーは

  1. バンズ
  2. チーズが入っている
  3. 目玉焼きが入っている
と付加価値も多く、なにより人気の月見バーガー類似といううれしさもあったが、このチキチーは酷い。

というわけで、もうチキチーを頼むことはないでしょう。
ご参考になれば幸いです。