こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

CakePHP2.xの導入方法

cake

いつもcomposer経由とはいかないので、簡易な導入方法の備忘録です。

1.Githubからcakeのソースをダウンロード。 今回は2.xが対象のため任意の2.xフォルダを選択しZIPファイルをダウンロードしました。 https://github.com/cakephp/cakephp/tags

2.任意の場所にリネームして配置。 解凍したcakeのソースのフォルダ名を任意の名前に変更し、配置します。 XAMPPを使ているので c:\xampp\htdocs直下に配置(仮にフォルダ名はhogeとする)

3.とりあえずアクセス http://localhost/hoge にアクセスするとCakeの初期画面でいくつかエラーがでますので、1つづつつぶしていく。

error01

4.Security.saltとSecurity_cipher.Seedの値を変更 hoge/app/config/core.phpのSecurity.saltとSecurity_cipher.Seedの記述部分(228行目と233行目)にそれぞれ任意の値(なんでもOK)を追記もしくは変更。 これで一番上のエラーはなくなる。

error02

5.データベースの設定 hoge/app/config/database.php.default をコピーし、database.phpにリネーム。 前もって利用するデータベースを作っておき、情報を記入。 今回はPostgreSQLを使う予定だったため、とりいそぎpgAdminIIIでデータベースを作成 Postgresの場合は以下2点に注意  ◎設定ファイルに「port」「schema」の値が必要

  'port' => '5432'
  'schema' => 'public'

 ◎php.iniでPostgresを使えるように   php_pqsql.dll   php_pdo_pgsql.dll   のextentionを有効にし、Apacheを再起動。   phpinfoで設定が通っているかを確認 ※私の場合はここで苦戦。 Datasource class Postgresql could not be found. 上記エラーが消えないため、dllファイル故障等々いろいろと調べたが治らず。 結果としてはデータベースのユーザー名が違っていただけでした。 pgAdminIIIの場合プロパティでユーザー名が確認できるため、ユーザー名の間違いに注意。

error03

6.DebagKitの導入 GithubからDebagKitをダウンロードし、フォルダ名を「DebugKit」にリネーム。 hoge/pluginsフォルダに入れる。 hoge/app/Config/bootstrap.phpを編集。67行目をコピペ。

CakePlugin::load('DebugKit');

hoge/app/Controller/AppController.phpを編集

public $components = array('DebugKit.Toolbar');

を追記 hoge/app/View/Layouts/default.phpを編集。61行目のsql_dumpエレメントの出力をコメントアウト

<?php //echo $this->element('sql_dump'); ?>

以上ですべてのエラーはなくなり緑の画面になります。