こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

ブラウザで表示されるPDFのタイトル

あまり気にならないと言えば気にならないのですが、仕事で見ていて「あれ?」と思ったので備忘録です。

PDFファイルは、最近では利用が当たり前になり、ワードやエクセルなどで作成しPDF化ということが多くなっています。 例えば何かの申込用紙をホームページ上にも掲載したい場合、ワードで「申込用紙.doc」などのファイルを作成し、そのままPDF化という流れです。 PDFは「申込用紙.pdf」というファイル名になりますが、日本語ファイル名のままWebサーバにあげるわけにいかないので「application.pdf」などリネームをしてアップします。 よくあるPDFファイルのアップロードまでの流れです。 ここで、PDFファイルの在り方によってブラウザでは違う表記を行います。(と思われる)

1.普通にAcrobat DistillerでPDF化しただけの場合 以下の画像のようにページのタイトルおよびPDFの見出しにファイル名が表示されます。

2.PDF化を行った後、ファイル→プロパティよりタイトル情報を変更した場合 ページのタイトルおよびPDFの見出しにタイトル情報が表示されます。

3.Acrobat DistillerでPDF化し暗号化を行った場合 ページのタイトルおよびPDFの見出しにタイトル情報が表示されます。

いちいち挙動が違うのが面倒くさいのですが、文書のプロパティのタイトル情報を編集すればそれが表示されるので、PDF化を行う場合の必須作業と言えます。

以上。