こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

拝啓、柳葉様。本当に美味しいじゃないですか。

小麦粉アレルギーの人間にとって主食は米である。

いや、小麦粉アレルギーでなくても米は主食といっていい。ニッポンバンザイである。

昨日のようにお昼でラーメンを食べてしまうと、午後からお腹が痛くて使い物にならないポンコツができあがってしまう。

私の勤めている会社は裁量労働制なので、自分のすべき仕事さえしていれば何も言われない。自分のすべき仕事も、自分んで管理している。いわゆる野放し。なのでポンコツでもゆるされるが、できればポンコツにはなりたくない。

f:id:take1605:20180710160650j:image

さて、そんな私は昼は自宅で食べる。

職場と自宅は車で5分から10分という近所。

駅だと1駅。

家でゆっくりできるし、お腹が不測の事態の時も対応できる。

 

小麦粉を摂取せずに食べる昼食のほとんどはお弁当になる。

家族のお弁当を作っているが、自分の弁当は作らない。いや、作れない。

朝から4人分の弁当と朝食を作るなんて、無理。

 

そんな訳で、ほっともっとか、コンビニが主力になる。

でも、コンビニは高くて不味い印象があるので極力さけている。必然的にほっともっとが私の昼食として胃袋を満たすことが多くなる。

 

前置きが長くなった。

で、今日もほっともっとだが、現在ほっともっとのCMでギバちゃんが食べている「カットステーキ丼」が気になっていた。

 

f:id:take1605:20180710161406j:image

 

以前にも同様のメニューでステーキ丼というのがあった。

1度食べたが、お肉が非常に柔らかかった。不自然なほどに。。。

多分整形肉を利用していたのであろう。

柔らかく、美味しかった印象はありながら1回しか頼まなかったということは、自分の中で納得できていなかったのだろう。ステーキというネーミングに。

 

カットステーキ丼の存在は以前から知っていたが、そんなステーキ丼と私の関係性を考慮して、どうしても敬遠がちだった。

しかし、そんな私を突き動かしたのがギバちゃんのCMだった。

超美味しそうに食べている。

 

そこで、今日、勇気をだして近所のほっともっとに連絡。

「カットステーキ丼、作っておいてください!」

そんな私の勇気など露知らぬ店員は

「ご一緒にサラダはいかがですか?」

心の中では、「カットステーキに集中したいんじゃ!たわけ!」と思ったが、40も過ぎた大人なのでやんわり「大丈夫です」と断った。

 

さて、お店に取りに行き家に帰り実食。

肉が柔らかくない!いやむしろかみごたえがある。筋もある。まごうことなき「肉」だ。

ステーキソースも美味しい。

ギバちゃん、もとい、拝啓、柳葉様。本当に美味しいじゃないですか。

 

ただ、このブログをもし見て、カットステーキ丼を買おうという人には2つアドバイスがある。

1つは、欲張ってダブルにするな!

普通のカットステーキ丼で十分な分量。ラーメンと半チャーハンでお腹いっぱいになる人なら、ダブルは食べ過ぎになるはず。

もう1つは、サラダを一緒に頼もう。。。だって、肉とご飯だけなんだもん。