こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

iPadとApple Pencilに必要なもの

まだお披露目できるれべるではないけど、iPadApple Pencilを使って絵をかいたりしている。

仕事でもPDFに書き込みデータ保存するときなど大活躍。

特に、ホームページ制作時の要素確認でのお客様とのやり取りなどで使える。

 

そんなiPadApple Pencilだが、買った状態ですぐ使うのは結構難しい。

まあ、慣れればたいしたことないが。

f:id:take1605:20180712160433j:plain

写真を撮っているときにこの子が横にいたのでついでの写真。

iPadの表面はガラスになっており、Apple Pencilは思った以上に走る。ヌラヌラと。

なので、紙に書くという感覚とは程遠い。

そこで、ペーパーライクなシートを購入。いくつか種類があるが、どれも2,000円程度。私は評価の高い以下の商品を購入。

MS factory iPad 9.7 フィルム ペーパーライク 2018 2017 Pro9.7 Air2 Air 保護フィルム 紙のような描き心地 第6世代 第5世代 アンチグレア アイパッド pro プロ シート 反射低減 非光沢 日本製 fiel.D MXPF-ipad-PL

 

届いた商品はこんな感じ。

f:id:take1605:20180712161156j:plain

しっかりほこりさえ取っておけば、貼り付けはさほど難しくなくできる。

貼り付けると、表面が少しザラザラしている。ペンに程よい摩擦を生じさせるよう。

 

f:id:take1605:20180712161423j:plain

貼り付け後。

少し白っぽく見えるのが、ザラザラした表面のため撮影時に光の加減で白く見える。

実際は白くはない。光の反射を少し抑えてくれる。

書き心地は格段に向上。ノートに書く間隔とかなり近くなった。

 

さて、Apple Pencilだが、通常使用時は問題ないが、充電時はペンの上の部分を外すとLightingコネクタが現れ、iPhoneiPadに接続することで充電できる。

しかし、この状態で少しでもぶつけるとApple Pencilが折れることは容易に想像できる。

このため、いちばんいい方法はLightingケーブルにつなげること。

 

Lightingケーブルの先端がオスで、Apple Pencilの先端もオスなので、メスメスのコネクタが必要。

購入したのはこちら。

 

www.amazon.co.jp

f:id:take1605:20180712162100j:plain

こんな感じで届いた。

付けてみると

f:id:take1605:20180712162129j:plain

こんな感じ。電子タバコみたい。

問題はこれを持ち運ぶときどうすればいいか。なくしそう。

あと、どのくらい充電されたかわからないので、カンで。

 

以上。もちろんケースも必要だけど。それ以上にフィルムは重要と思った。

誰かの参考になれば幸い!