こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

行きはウキウキ帰りはグタリ。第27節カマタマーレ讃岐vsファジアーノ岡山(隼斗編)

Jリーグ観戦2季目の我が家において、年末年始の選手の移動というのは非常にショッキングな出来事だった。

特に昨年の最終練習にも参加しなかった仲間隼斗選手。サポーターの間では様々な憶測も飛んでいた。

 

f:id:take1605:20180810123219j:plain

昨年10月に隼斗と写真をとってもらったヨメ

昨年から試合観戦しだした我が家で、最もと言っていいほど衝撃だったのが隼斗のプレー。

攻守の切り替えが早く、非常にプレー範囲も広く、そして華麗なドリブルで相手をかわす姿には、間違いなく多くのサポーターが魅了されたであろう。我が家の面々もご多分に漏れずその中に入る。

 

私は酔っ払うと、「なんでホジッチは隼斗使わんねん!井手口より隼斗やろ!」とわめいていたほどだ。

 

そんな隼斗は、昨年の11月松本山雅戦以降カマタマーレ讃岐から姿を消した。

たしか、松本山雅戦で2枚イエローをもらい退場。その試合後「次節出れへんけど、名古屋戦(最終)たのむで!」と会話すると「僕、イエローの累積で、名古屋も出れないんですよ」と言われ「ええええ!じゃあ、また来季たのむで!」という会話が最後となった。

 

ちょうどその日はてっちゃんのJ2リーグ100試合達成で、息子のカズサが花束贈呈に当選し参加した日。

ヨメもカズサに着いていき、裏で待機していたので選手たちも見ていたのだろう。

バス待ちで隼斗に会ったとき、隼斗もヨメを見て指差し「ああ~!」と言ってくれた。

写真はその時のもの。

 

あれから、私とヨメはことあるごとに「隼斗に会いに行かないと。」「まだ覚えてくれてるかな。」とこぼしていた。

 

そして迎えたダービー1回戦。

ホームで勝利し勝利の余韻に浸っていることに遠慮したのか、隼斗は来なかった。

バス待ちも軽く手を上げ去っていった。

隼斗はカマタマーレ讃岐が嫌いになったのか?それとも何かのケジメなのか?

 

そして、今回の岡山でのダービー。多分今回も隼斗は来ないだろうなと思っていた。

選手紹介時も、途中交代時も愛のあるブーイングで迎えたが、隼斗に伝わったかは定かではない。

しかし試合後、岡山の選手全員やってきた。

みんな「がんばれ~岡山!」とう声援。

そして岡山の選手が去っていったあと、隼斗だけが残ってくれた。

真意はわからない。胸に期するものもあるだろう。岡山サポさんへの操もあるだろう。

でも、なんというか、よかった。

 

ファジアーノ岡山というJ2リーグ内では強豪と呼べるチーム。

やはり隼斗にはJ1というカテゴリーが似合うと思う。

是非、J1に昇格し元カマタマーレ讃岐の選手として活躍してほしい。

そして、スケベ心を言うと、隣県でJ1チームがあると見に行きやすい!イニエスタ