こしあん日記 ~写真と猫とサッカーと~

子供たちの記録用にはじめたが、思春期になり写真を撮らせてもらえなくなる。写真と愛猫とサッカーが中心のブログです。

多度津FC VS アルヴェリオ高松

9月16日の日曜日は生島メインでアルヴェリオ高松戦。

前回の試合は観戦していないが、5-1と大敗している。

順位的には下位だが、同じ香川勢としても負けられない相手。

そして、今季のこり2試合の多度津戦。

 

f:id:take1605:20180917221810j:plain

中土井選手。

 

会場に着いた時は、すでに試合開始していた。

多度津はどうも4-4-2のフォーメーション?

 

キーパーは川尻選手。

センターバックは松島選手、田代選手。

サイドバックは右に中土井選手、左に緒方選手。

ボランチに黒田選手、大山選手。

サイドハーフに右が萬條選手、左が藤本選手。

フォワードが三原選手、岡田選手。

 

ぽい感じ。

 

すぐに岡田選手が我々に気づいてくれた。うれしい。頑張れ!と声をかける。

今日は2回スタンドに子供の観客が大勢。どうも多度津の応援っぽい。心強い。

岡野コーチの教え子たち??

黒田選手の教え子たちもいたよう。

 

試合は、一進一退。どうも多度津の選手の動きが重く感じる。

高知ユナイテッド、FC徳島と強豪との連戦明けの影響か?夏場の疲れの影響か?

必死に川尻選手が鼓舞する。

何度かアルヴェリオに決定機を作られるが、キーパー川尻選手のファインセーブ連発。

 

そして、前半終了時岡田選手にお願い。「2点取って!!」

 

その願いを果たしてくれるように、後半に入り岡田選手はゴールラインぎりぎりからシュートを放ちゴール。角度のない位置からの値千金の決勝ゴール。

 

この試合印象的だったのが、この岡田選手の切り裂くようなドリブル。そして三原選手のゴールキックに対してかなりの確率でファーストタッチを奪うプレー。

多度津の得点源の活躍で、見事勝利。

 

 

そんな多度津FCを支えているのは、何も選手だけではない。

f:id:take1605:20180917223454j:plain

テクニカルエリアギリギリで選手に指示を出す磯野コーチ。

 

f:id:take1605:20180917223531j:plain

この日は記録係の渡辺コーチ。

 

スタメン、スタッフ、控えの選手と多彩な顔ぶれ。社会人なので試合ごとにこれる選手に限りがありつつ層の厚さを感じる。

そして、若手が本当にいい感じ。

来週が今季は最後になるが、来季にも大いに期待ができそう。

 

f:id:take1605:20180917223816j:plain

岡田選手。